--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/08/21.Fri

The Visitor

「扉をたたく人」 (The Visitor) を観てきました

移民問題がメインで、ハッピーエンドでもありませんが
監督の手腕が優れている為か、湿気を感じさせない
サラリとした感触が残りました

なんといっても前半のタレク(H・スレイマン)の特上スマイルと
そのポジティブな波動が素晴らしい
大学教授ウォルターとの交流の様子は繰り返し何度も観たいほど

タレクの母親役、ヒアム・アッバスも素敵です
彼女の出ている「シリアの花嫁」もDVDで観なくては

そしてリチャード・ジェンキンス
仕事にも人生にも熱意を持たない(持てなかった)大学教授を上手く演じています
タレクのために自身が変わっていく様子も自然で
最後の地下鉄のシーンでは、彼のやりきれなさが溢れていました

公式サイト → 「扉をたたく人」 ※ 音が出ますのでご注意を


Visitor1_small.jpg


映画 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。